Sea Bros

Diving Bike Aquarium
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ハナガタサンゴ

JUGEMテーマ:趣味

 

 

ハナガタサンゴです。

飼育は特に難しいことは無いです。
光が良く当たり、水回りの良い所に置けばそれで良いと思います。

伊豆あたりでは、ハナガタサンゴは塩当たりの良い、水深15m位の浅場の岩礁の突端でたまに見ることが出来ます。
居る所には居ますが、数は多くは有りません。

給餌は触手を伸ばすようなら夜間に与えたら良いと思います。
触手を伸ばさないようなら無理に給餌はしなくても良いです。

このハナガタサンゴは多分1年以上は居ると思いますが、一度も給餌したことは有りません。
給餌しなくとも特に問題は有りません。

例えばオオバナサンゴも触手を伸ばす個体には給餌して居ますが、触手を出さない個体には無理に与えては居ません。
まあ、光が有れば良いのではないでしょうか。

話は何時ものように変わって、過日桜見物に恒例の伊豆一周一泊旅行に行きました。
今回は海沿い一周です。

早川から下田まで行きそこに泊まり、土肥を通って戸田から亀石に入りスカイラインで帰るルートです。
昨年は4月の始め過ぎに行ったので桜は終わって葉桜見物に成りましたので、今年は満を持して4月に成り立ての日に行きました。

大体私の旅行は何時も何かしら悲劇が待っているのですが、昨年は車のタイヤがバーストしたし、今年も人知れず待っていました。
風呂閉じ込められ事件です。

泊まった旅館のお風呂は伊豆ですから温泉です。
ただ、朝が5時から入浴可能と言う事で、その日は朝4時に目が覚めたのが悪夢の始まりです ・゜・(ノД`)・゜・

まだ温泉に入れないと言うことでお部屋のお風呂に入ることにしました。
やはり朝風呂は旅行気分最高です。

さて出ようとした時にドアが開きません (;´Д`)ノ
当然部屋の風呂なのでロックをする事は有りません。

大体どうやってロックするのかも知りません。
焦ってドア周りのロックを探すと、ドアノブの下に小さな上下に動くはずのポッチが有ります。

多分ロックはこれだろうと思い、思いっきり押しますが、全く動きません。
ドアをガタガタしたり何回も押しますがびくともしません。

これはドアガラスを割らなければだめかと思いましたが、ふと思いつきタオルを手に巻いて両手で全体重をかけて押したらロックが動きました。
まったく勘弁して欲しいと思います。

伊豆は東は桜を見かける事があまり無く、南伊豆も無く、土肥から戸田にかけて桜山盛りでした。
道の両側から桜が咲いていて最高です。

道端には黄色い菜の花、桜のピンクと白と赤と良くお似合いです。
山桜ばかりかなって思っていましたが、意外とソメイヨシノが多いです。

亀石から伊豆スカイラインに入ろうとして、カーナビにこの先チェーン規制が有りますと言われて焦ります。
もうとっくにスタッドレスはノーマルに交換したしチェーンも車から降ろしました。

もう四月ですよ。伊豆スカイライン恐るべし。
料金所のおじさんにこの先チェーン規制していますかと聞くと、県の無線情報が訂正していなくて今は規制は無いとのことです。

もうお願いしますよ。
大切な情報は速やかに最新にして下さい。

箱根ターンパイクはチェーン規制していました。
箱根新道で帰るようにします。

箱根新道の入り口曲がり角で二股に分かれています。
前の三台が左に行くのにつられて左に行ってしまいました。

すぐ間違いに気づいたのですが、芦ノ湖スカイラインに行く道です。
まあ、芦ノ湖には何故か行ったことが無いので、時間も有ることだしとそのままスカイラインを進みます。

芦ノ湖スカイラインは眺望が素晴らしく、眼下に芦ノ湖、相模湾が見えます。
道も恐ろしく空いています。

つつがなく帰って総走行距離は450キロ位でした。

 

Aquarium | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

カワリギンチャク

JUGEMテーマ:趣味

 

 

カワリギンチャク(?)だと思います。
何時のまにか陰日性サンゴ水槽に発生してきました。

なんか最初イソギンチャクが生えてきてカーリーだと嫌だなって思っていて、注意して見ていたらどうも違う。
その内カワリギンチャクだと思うようになりました。

割と深場にいるらしい大きくなるタイプではなく、水深30m位にたまに固まっている小さいタイプだと思います。
伊豆あたりだと居る所には普通に居ます。

触手が黄色でボディが橙色です。
今現在横5mm長さ20mm位です。

見えるところだけで20個体ぐらい居ます。
知らないうちに増えるみたい。

陰日性サンゴに給餌するときについでに給餌していると、だんだん大きくなってきました。
水槽水温は最近は23度設定なので水温にはあまりうるさくないみたい。

 

Aquarium | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

クダサンゴ

JUGEMテーマ:趣味

 

 

クダサンゴです。

昔はかなり飼育が難しいサンゴでしたが、今は飼育機材が良くなり割と簡単なサンゴとなりました。
このクダサンゴも購入後10か月となります。

気持ち成長しているような気がします(気のせいか?)
まあ、落ちないので良しとしましょう。

ところでT5の灯具ですが、かれこれ7年使っています。
途中コンデンサーが何回か壊れて交換しました。

ショップのお兄さんには普通コンデンサーなんて壊れませんよって言われましたが、壊れたものは仕方ないのでコンデンサーのみを購入しました。
蛍光灯が12本付いているのですが、コンデンサーは3個ついています。つまりコンデンサーひとつで4本の蛍光灯を制御していることになります。

したがってコンデンサーが壊れると、いきなり4本の蛍光灯が点かなくなります。
色々と蛍光灯を変えたり、接点を磨いたり悪あがきをしますが、点かないものは点きません。

当然コンデンサー変えると何もなかったかのように点きます。
私のせいではないと思います。日頃の行いとかそのせいではないと思います。

半年前に蛍光灯がいきなり2本点かなくなりました。
色々と抵抗しましたが点きません。

こんどは4本ではなく2本なのでコンデンサーのせいではないと思います。
もう諦めて使用年数もあるので新しく購入したほうがいいと思うのですが、この灯具が身の毛がよだつほど高いです。

したがって半年ほど悶々としています。
ちなみにファンが6個付いているのですが、これがまたよく壊れます。

もう2回交換しています。
幸いこれはネットで一つ300円ぐらいで似たようなのが購入できます。

灯具も300円ぐらいで購入できないでしょうか。
ってそれはないですよね。

もうZEOvitもやってないし、T5である必要はない気がします。
変えるならなんか違うものにしたいと思います。

 

 

Aquarium | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ツツウミヅタ

JUGEMテーマ:趣味

 

 

 

ツツウミヅタです。

飼育難易度が高いサンゴです。
何時の間にか居なくなるサンゴでは有ります。

特に水槽導入当初はコケまみれに成りやすい。
このツツウミヅタも最初にコケまみれに成り、殆どを捨てて少し残ってた部分を岩にさしていたら、そこから繁殖しました。

水槽慣れすれば割と簡単なサンゴとなります。
色のバリエーションとしては、特に何もない普通種と触手にグリーン、オレンジとか入る種が有ります。

個人的にはグリーンタイプが大輪に成り密に集まって綺麗かなと思います。
オレンジタイプは疎らに成り、少し飼育が難しい感じがします。

最近パソコンのキーボードの端に珈琲をこぼしました。
少ししてキーボードの端が動作しなくなり、困って後付けの2000円位のキーボードを買い付けました。

最初は快調に作動していましたが、こぼした珈琲の祟りで文字入力が訳の分からない動きをするようになり諦めて新しいパソコン買いました。
まあ5年位は使っていたので、しょうがないかなって思います。

お引越しソフトが付いているので、ファイルの転送をしました。
が、その後OutlookがメールのPWを求めて止まってしまいます。

求めるメールのPWが前のパソコンのマイクロソフトのメールです。
そんなものはとっくに忘れています。

仕方ないのでOutlookを削除してまた新たにダウンロードして再インストールしました。
が、再インストールしたのに、元の画面で止まります。

もうここは最後の砦硫黄島です。マイクロソフトのサポートに電話します。
女神(女性でしたので)かと思うくらい丁寧にサクサクと問題を解決してくれて、あっけなく使えるようになりました。

久しぶりにサポートの対応に感激しました。
メーカーのサポートによっては対応が悪いのもある中で、マイクロソフトは非常に良いです。

アップルも良いですね。
サポートの対応が良いのは気持ちいいですね。

 

 

 

Aquarium | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

佐渡島旅行(その1)

JUGEMテーマ:趣味

 

 

過日佐渡島旅行に行ってきました。三泊四日です。
総走行距離多分1200キロ位だと思います(測り忘れた)。

本当は去年行くつもりでしたが、何だかんだと行く予定が7月に成り、あまりの暑さに止めて来年行こうとと思いました。
車で行くのでずっと日が差しこむのが無理だと諦めました。

そして今年は万全を期して6月初めに計画しました。
佐渡に二泊新潟に一泊です。

平年平均梅雨入りは10日過ぎです。
その前に行こうと思いました。

行きはまだ体力が有るので、当日佐渡島に入る予定です。
ホテルには6時前には入らないと夕食の時間に間に合わないのでそれに合わせて計画します。

なんか新潟港から佐渡汽船に乗って行くのが普通らしいので、新潟発のフェリーの時刻を見ます。
しかし何と12時35分発の次が16時発です。この船は所要時間2時間30分です。

16時発ではホテルの夕食に間に合いません。
かといって12時35分発に間に合うには11時半フェリー乗り場着として、安全マージンを取って6時には自宅を出ねばいけません。

仕方が無いのでもう一つの直江津港発を見ます。
これには14時10分発が有ります。もうこれしか有りません。こちらは高速船なので所要時間1時間30分です。

しかし高速船故かカーフェリー料金が往復37000円です (;´Д`)ノ
これならレンタカーを借りた方がはるかに安く済みます。

何とか成らないかとネットで色々検索すると佐渡汽船のパックを見つけました。
これだとフェリー代が17000円ですみます。

但しこれはホテルと部屋のランクが有る程度規制されます。
まあこのくらい仕方ないかなって良いかなとこれにしました。

八王子インターから上越インターまで310キロです。
意外と近いですね。

自宅を7時半に出て12時少し前に港に着きました。
車の乗船場所にはまだ誰もいません。

取り敢えず窓口で切符を貰ってお昼を食堂で食べました。
一時間前に乗船案内が出るので車を乗せます。

なんかネットで見たら2等は東海汽船みたいにジュータン席だと書いて有ったので、ジュータンにゴロゴロは嫌だって思って、
1等を予約しました。なんと料金往復4000円です。

しかし乗ってみたらなんのこっちゃ、高速船は2等もちゃんとした椅子席でした。
ジュータン席など有りません。これなら2等で十分なんじゃないか。

まあ気を取り直して1等エリアに行きます。
さすが1等です。先頭船首真ん前です。

椅子もリクライニングです。
ただし1等に乗っているのは私と少し離れた席に居る3人だけでした。50席位有るのですよ。

ぼんやり前に広がる海を見ているうちに小木港に着きました。
1時間30分ですので直ぐです。15分前には車に戻るようにアナウンスが有りますので、結局1時間少しです。

高速船と言うのでダーッと行くのかと思っていたら意外としずしずと進み、全く揺れません。
東海汽船を想像して船酔いの薬を用意していましたが、要りませんでした。

まあ、6月と言う季節も有るのでしょう。
1日目は七浦海岸に有るホテルに泊まります。

港を出て、ナビに入れた海沿いの道を行きます。
小木港の周りはお店と人家が有りましたが、そこを過ぎると全く人が居ません。人家も有りません。

横断歩道も信号もガソリンスタンドも、コンビニも全く有りません。
当然街路灯も有りません。

曲がりくねった田舎道です。これは夜は来るものが有りますね。
幸い今は4時なので明るいです。

行く所田んぼしか有りません。
普通こういう所って農家とか有りますよね。

それが何処にも有りません。
そのうえ道の途中で通行止めに成っています。

普通通行止めとか前もって看板とか立っていますよね。
いきなり通行止めが出ます。

しかたないので、横に有る細い山道を進みます。
もうこれはこういうものだと腹をくくるしか有りません。

何とかホテルの有る町相川に着きました。
かなりほっとします。

山側の部屋しか予約では取れなかったのですが、行くとフロントで海側の部屋(こちらは料金は高い)が空いているので海側に変更しましたと言われました。
料金は変わりませんでした。これも私の日頃の善行のおかげだと喜んでいます。

ホテルの食堂に夕食で行きます。
7時ごろです。

行くと従業員が夕日が沈みますと言い、お客がみんな庭に出ていきます。
私も出ました。

空が真っ赤に染まっています。
その中心に有る真っ赤な夕陽が日本海に沈んでいきます。

 

 

 


長くなるのでここで一旦切ります。

Others | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |