Sea Bros

Diving Bike Aquarium
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

佐渡島旅行(その1)

JUGEMテーマ:趣味

 

 

過日佐渡島旅行に行ってきました。三泊四日です。
総走行距離多分1200キロ位だと思います(測り忘れた)。

本当は去年行くつもりでしたが、何だかんだと行く予定が7月に成り、あまりの暑さに止めて来年行こうとと思いました。
車で行くのでずっと日が差しこむのが無理だと諦めました。

そして今年は万全を期して6月初めに計画しました。
佐渡に二泊新潟に一泊です。

平年平均梅雨入りは10日過ぎです。
その前に行こうと思いました。

行きはまだ体力が有るので、当日佐渡島に入る予定です。
ホテルには6時前には入らないと夕食の時間に間に合わないのでそれに合わせて計画します。

なんか新潟港から佐渡汽船に乗って行くのが普通らしいので、新潟発のフェリーの時刻を見ます。
しかし何と12時35分発の次が16時発です。この船は所要時間2時間30分です。

16時発ではホテルの夕食に間に合いません。
かといって12時35分発に間に合うには11時半フェリー乗り場着として、安全マージンを取って6時には自宅を出ねばいけません。

仕方が無いのでもう一つの直江津港発を見ます。
これには14時10分発が有ります。もうこれしか有りません。こちらは高速船なので所要時間1時間30分です。

しかし高速船故かカーフェリー料金が往復37000円です (;´Д`)ノ
これならレンタカーを借りた方がはるかに安く済みます。

何とか成らないかとネットで色々検索すると佐渡汽船のパックを見つけました。
これだとフェリー代が17000円ですみます。

但しこれはホテルと部屋のランクが有る程度規制されます。
まあこのくらい仕方ないかなって良いかなとこれにしました。

八王子インターから上越インターまで310キロです。
意外と近いですね。

自宅を7時半に出て12時少し前に港に着きました。
車の乗船場所にはまだ誰もいません。

取り敢えず窓口で切符を貰ってお昼を食堂で食べました。
一時間前に乗船案内が出るので車を乗せます。

なんかネットで見たら2等は東海汽船みたいにジュータン席だと書いて有ったので、ジュータンにゴロゴロは嫌だって思って、
1等を予約しました。なんと料金往復4000円です。

しかし乗ってみたらなんのこっちゃ、高速船は2等もちゃんとした椅子席でした。
ジュータン席など有りません。これなら2等で十分なんじゃないか。

まあ気を取り直して1等エリアに行きます。
さすが1等です。先頭船首真ん前です。

椅子もリクライニングです。
ただし1等に乗っているのは私と少し離れた席に居る3人だけでした。50席位有るのですよ。

ぼんやり前に広がる海を見ているうちに小木港に着きました。
1時間30分ですので直ぐです。15分前には車に戻るようにアナウンスが有りますので、結局1時間少しです。

高速船と言うのでダーッと行くのかと思っていたら意外としずしずと進み、全く揺れません。
東海汽船を想像して船酔いの薬を用意していましたが、要りませんでした。

まあ、6月と言う季節も有るのでしょう。
1日目は七浦海岸に有るホテルに泊まります。

港を出て、ナビに入れた海沿いの道を行きます。
小木港の周りはお店と人家が有りましたが、そこを過ぎると全く人が居ません。人家も有りません。

横断歩道も信号もガソリンスタンドも、コンビニも全く有りません。
当然街路灯も有りません。

曲がりくねった田舎道です。これは夜は来るものが有りますね。
幸い今は4時なので明るいです。

行く所田んぼしか有りません。
普通こういう所って農家とか有りますよね。

それが何処にも有りません。
そのうえ道の途中で通行止めに成っています。

普通通行止めとか前もって看板とか立っていますよね。
いきなり通行止めが出ます。

しかたないので、横に有る細い山道を進みます。
もうこれはこういうものだと腹をくくるしか有りません。

何とかホテルの有る町相川に着きました。
かなりほっとします。

山側の部屋しか予約では取れなかったのですが、行くとフロントで海側の部屋(こちらは料金は高い)が空いているので海側に変更しましたと言われました。
料金は変わりませんでした。これも私の日頃の善行のおかげだと喜んでいます。

ホテルの食堂に夕食で行きます。
7時ごろです。

行くと従業員が夕日が沈みますと言い、お客がみんな庭に出ていきます。
私も出ました。

空が真っ赤に染まっています。
その中心に有る真っ赤な夕陽が日本海に沈んでいきます。

 

 

 


長くなるのでここで一旦切ります。

Others | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

佐渡島旅行(その2)

JUGEMテーマ:趣味

 

 

初日は佐渡島に入るだけでした。
二日目は史跡佐渡金山見学とトキの森公園見学に行きます。

史跡佐渡金山は行先コースが2つ有り、なんかネットで見ると2つとも行った方が良いと書いて有ったので、二つ行きます。
宗太夫抗コースと道遊抗コースです。

どちらも見所満載でした。
これは言って良かったと思います。

 

 

 

トキはなんか多摩動物園の鳥コーナーよりこじんまりとしてあまり感想は無いです。
大佐渡スカイラインを通って行ったのですが、スカイラインのイメージからはかなりかけ離れている道です。

 

 

ナビに佐渡島の道の状態が出るのですが、バッテン印の通行止め箇所が何か所か出ていてちょっとびびります。
メイン道路は大丈夫ですが、横道とかバッテンが出ています。

トキの後は気を取り直して島の上部方向に有る二つ亀に向かいます。
そう言えば両津港付近にコンビニが二か所有りました。

結果から言うと島内にコンビニ3か所、ラーメン屋さん1か所、御飯屋さん1か所、スナック1か所でした。
ざっと見ただけですので、他にも有るかも知れませんが、両津港付近、相川付近に有るだけです。

そこ以外の場所には食事飲み物が有る所は何も有りません。
自販機が漁村付近に気持ちに有るだけです。

ここでなんかお気付きだと思いますが、そうですトイレが有りません。
島内に一か所公衆トイレが有りましたが、ほんとにそこだけでした。全部見まわったわけでは無いのでまだ有るのかも知れませんが。

二日目は二つ亀に有るホテルに泊まるのでゆっくり行きます。
途中ネズミ捕りをやっていました。

レーダー探知機が反応するのでまさかこんな所で思いましたが、やっていました。
多分島の人は知っているのでしょうが、観光客はアウトです。

見晴らしのいい海沿いの直線コース、道も空いています。
これはやられます。

佐渡島反時計回りに行きます。
両津港から二つ亀の道は綺麗に舗装されていて快適です。

それ以外は・・・・・。
二つ亀、大野亀はまあ特に感想は有りません。

 


三日目は二つ亀から小木港に海岸沿いに行きます。
出航は16時30分ですのでのんびり行きます。

15時に着けばいいのですが、たらい船に乗らなければいけないのでその分時間を見ています。
トビシマカンゾウが所々咲いています。

島内そんなに多くは無いです。
たまに群生が有るくらいです。

 

 

相変わらずトイレは有りません。
大体コンビニも店も有りませんから、前もっていっていく必要は有ります。

何も無いのが良い人にはお勧めですが、まあ、離島と言う感じです。
大島、八丈島を大きくした感じと言えば当たっていると思います。

私はこういうのって好きです。
田舎道をゆっくり走るのが好きですので、何も無いのは逆に好ましいです。

たらい船に乗った後に漕いでくれた海女さん(?)から宿根木集落は行ったかと言われて、そこは行かないといけないと言う事です。
素直な私はまだ時間が有ったので行ってみました。

 

 

 

 

宿根木集落です。
物凄い狭い所に隣同士がやけにくっついて家が建っています。

まだ幾らか住んでいる人が居るみたいです。
中々あまり見ないような所でした。

 

 

三日目は直江津港に18時に着く予定ですので、直江津に泊まりました。
翌日は妙高高原経由で帰ります。

Others | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

暇な日曜日

JUGEMテーマ:趣味


 

今日は特に用事もなく暇なので、午前中に獣医さんに犬の狂犬病予防注射とフィラリアとノミ取りの薬を貰いに行き、午後は赤い車のオイル交換に行きました。
オイル交換はなんか時間かかりそうなのと、ランチを一人だと寂しいので例により何時も暇な佳人を誘い行きます。

案の定オイル交換は車体下のカバーを外してからとか結構時間と手間がかかります。
素直には行きません。

赤い車は購入初めからスローダウンのランプが点きっぱなしで、これはネットで調べると特に気にしなくても良い様な事が書いて有り、そのまま放置していました。
最近運転中片肺に成る事がたまに出るようになり、これは修理に出さないとなって思っていました。

片肺になっても走る事は走るのと、少しそのまま走っていると直ったりします。
過日お店で見てもらい、何とかセンサー(もう忘れた)が二つ有り、そのうちの一つが未対策部品(?)なので交換してみましょうとのことでした。

交換後はスローダウンのランプも点灯しなくなり、取り敢えずは片肺に成らなくなりました。
こんなに簡単に直って良いのかって感じです。

片肺に成るとどうなるかと言うと、8気筒が4気筒に成るので、いきなり加速が無くなる感じです。
アイドリングが下がり、注意しないとクラッチを繋ぐ時にエンストします。

慣れれば(そんなのに慣れたくはないですが)ああ、またかって感じです。
そのうち直るだろうと気にしないで走ります。

オイル交換は結局最終的には3時間かかりました。
オイル交換ついでの点検で、ラジエーターキャップに吹いた跡が有るのとラジエーターを止めている丸いゴムが一つ歪んでいると言う事で、キャップ、ゴム交換になりました。

さすがは赤い車、オイル交換だけで早々許してはくれません。
さらにはミッションのシールからオイルにじみが有るとのお言葉です。

これは素敵な事にミッションを下ろさないといけないみたいです。
また時間を取らないといけません。

夏は暑くて乗る気に成らないのでこの時期に修理に出そうと思います。
夏になると、エアコンは効くのですが、いかんせんフロントガラスが大きいのと傾斜がきついので太陽の光がもろに体に当たりとても暑くて乗ってられません。

 

Others | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

伊豆旅行

JUGEMテーマ:趣味

 

 

過日有給を取り伊豆一周に行きました。
全行程450キロ、一泊二日です。

今は仕事が土日休みなのですが、その日で行くとお高くなりその上混んでいます。
平日に行きました。

今回のテーマは伊豆道の駅、伊豆漁協直売所巡りとしました。
但し道順に有る所だけにします。

年に一度は伊豆一周旅行しています。
前回は大川泊まりでしたので、熱海近辺で遊びながら行きました。

今回は戸田に泊まります。
夕陽がきれいだそうです。

何時もは時計回りに行きますが、今回は反時計回りです。
まずは圏央道から小田原厚木道路で早川で降ります。

135号で網代の味比べを目指します。
味比べでは何時もの天ぷら定食を頼みます。

かないボリュウミーで美味しいです。
ここからは反時計回りで宇佐美から亀石に上がり修善寺に行きます。

亀石を降りて少し行った所で運悪くタイヤの横腹を擦ってしまい、車を降りてタイヤを確認した所素敵なことにシューシュー音がしています。
これってもしかしてパンクしてる?

アルミがいっていたら恐怖ですが、幸いタイヤだけです。
って、幸いなのか?

取り合えず緊急用のスペアタイヤに変えます。
これだとそうは距離走れないので、スマホでタイヤ屋を検索します。

タイヤ屋が有りそうなのはここでは沼津です。
ここから24キロと出ました。

諦めてタイヤ屋を目指します。
途中小さなタイヤ屋有りダメもとで聞いた見た所サイズのタイヤが有ると言う事です。

前2本とも変えた方が良いと言う事でしたが、一本がお高いので一つにしてもらいました。
取り合えずはこれで安心です。

無事それほど遅れ無く戸田のビーチに着きました。
ホテルはここから5分です。

以前よく山の上から戸田のピーチを見て綺麗な海の色に何時か行ってみたいと思っていました。
今は夏ではないので殆ど人が居ません。貸切り状態でした。

泊まる宿はいさばです。
3月に泊まるより4月はだいぶ安いのでここです。

道すがら途中気が付きました。
4月からが安い訳が。

4月は花が終わっています。
3月までは花が盛りです。やはり世の中安いのには何か訳が有ります。

部屋からは夕日が山に沈むのが見えます。
お食事も美味しかったです。

翌日は戸田漁協直売所でタカアシガニを買います。
イルカブツ一バック680円マンボウブツ一パック680円で売っていました。

イルカとマンボウは西伊豆では割とどこでもとは言いませんが売っています。東伊豆であまり売ってはいません。
タカアシガニは切った足が結構入っていて1680円でした。

南伊豆漁協直売所では伊勢海老ぶつ切り1680円で、確か以前は1000円しなかったと思いましたが、大切りなので仕方ないかなって思い直し買いました。
サザエ一個中ぐらいの大きさで100円(120グラム)でした。安いのか高いのか分かりません。

アワビは以前小さめ冷凍1000円位だったと思いましたが、今回はお品が有りませんでした。
生きたのは有りましたが、高そうなのでやめました。

途中で何時ものウルトラ生ジュースを飲み3年長生きします。
後は八幡野から伊豆スカイラインに入り帰ります。

途中大観山辺り私にとって何年振りかの濃い霧が出てきました。
10m先が見えません。慎重に行きます。とても夜霧よ今夜もありがとうとは思えません。

西伊豆は何時も道路が貸切り状態みたいに空いています。
東伊豆は時期を選べはまあそこそこ走れます。

今回も無事帰還出来ました。

Others | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

とり娘

JUGEMテーマ:趣味

 

 

とり娘です。
新年早々とり娘とは如何なものかと思いますが、とり娘です。

月に一度昔のクラブの後輩二人とカラオケに行きます。
二人は大学の時のクラブの後輩です。

大学の知り合いでクラブ関係者以外とはまず会いませんが、クラブの人とは今でも会います。
中学高校の友達とも今ではほとんど会いません。

大体8時から始めて1時手前頃まで歌っています。
たまにゲストが来ます。

誰かの知り合いの女性が多いです。
大体が年が離れた人で新鮮です。

そんな時はなるべくゲストが知っているだろうと思われる曲を私達も選んで歌います。
普段は恐ろしく古い歌ばかりですが。

先日もゲストの後輩が来ました。
なんか大きなバックを下げています。

席に着いてバックからプラの水槽を出して横に置きます。
何それって聞くと、鳥だと言います。

(何時も鳥を連れているの?)
(一人暮らしで、自分が居ないときに一人きり(?)だと飼っている鳥が寂しいと思って、何時も職場に連れて行っていて、今その帰り。)

まあ、プラに入っているから良いかと思って、そのままにしました。
皆で順番に歌います。

そのうち、ふと気が付くと、プラの上に鳥が居ます。
なんで、中にいるはずの鳥が、プラの上にいるのだ(;´Д`)ノ

ヨウムなので、勝手に上蓋を外して出て来ていました。
でも、叱られると困るからか、蓋の上でじっとおとなしくしています。

試しに腕を出すと、腕に乗ってきて肩に止まります。
耳掃除をされても困るので、後輩に返します。

後日カラオケ店の店長みたいな人から、ペットの持ち込みは困りますと言われました。
まあ、当たり前ですよね。飲食店ですから。

一度ならず二度までもとり娘がとりを連れてくるものですから、それは文句も言われます。
カラオケルームにとり放していますから。

飲食物を届けに来るスタッフに何度もとりが居るのを見られていますし、アウトです。
最後は店長らしい年長者がわざわざ飲み物を届けに来て言われました。

このままいくとこれは出入り禁止に成るなって予感がします。
素敵。

 

Others | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ド・ドンパ

JUGEMテーマ:趣味

 

 

ド・ドンパで事故が有ったと聞き乗ってみたいと思いました。
リニューアルしたみたいです。

そこで、何時も暇な佳人を誘い行きました。
最近は割と一人で何処でも行くのですが、さすがに遊園地に一人は難易度が高いです。

HPを見ると優待券と言うのが載っています。
なんかこれが有ると並ぶ時間が短くなるそうなので、前もって購入していきました。

取り合えず絶叫系を四つ購入して行きます。
日曜の前日午前中に見たせいか残り二枚と言うのが二つ有りました。

富士山、ドドンパ、高飛車、ええじやないかを買いました。
開催日三日前から購入できるみたいです。

富士急ハイランドは八王子から高速で40分位で着いてしまいます。
行きはよいよい帰りは恐いと言う河口湖です。

駐車場は広く、行ったのが秋のせいか割と空いていました。
日曜日ですが園内も空いていました。

始めに富士山です。
行くと待ち時間120分の張り紙が立っています(;´Д`)ノ

ぐるぐる回って人が待っていて長蛇の列です。
これは優待券有るけど30分位は待つかなって思いました。

待つ場所に縄が貼ってあり、狭い所が二つに区切られていて、右が優待券持ちの人の並ぶコースみたいです。
並んでいる人の列の横をとことこ上がって行きます。

なんかどんどん上がっていきます。
隣の普通に待っている人が気になり、罪悪感にさいなまれる階段です。

どんどん上がって行きついに全く待つことなく入場ゲート前に来てしまいました。
係員に携帯に有る優待券を見せるとそのまま富士山に乗れました。

これはやばいです。
他のすべてのアトラクションがこうでした。

優待券が無いと120分待ち、有ると0分待ちです。
まあ、かなり罪の意識にさいなまれますが。

帰りは例によって河口湖から大月までは順調に進みます。
が、大月で八王子まで4時間の電光掲示板が光っています。

分かっていてもげんなりします。
大月から下道で行きます。3時間少しかかりました。

 

 

Others | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

蔵王キツネ村

JUGEMテーマ:趣味

 

 

キツネを抱いてもふもふ出来ると言うので、蔵王キツネ村に行ってきました。
根性がある人は東京から日帰りや一泊でも行けると思いますが、私は根性が無いので二泊で行きました。

一日目は猪苗代湖中ノ沢温泉、二日目は塩原温泉にしました。
二日目にキツネ村で遊ぶ予定です。

八王子から往復870キロでした。
一日目は猪苗代湖付近でソバを頂き、五色沼に行きました。

夕方中ノ沢温泉に入ります。
翌日は磐梯吾妻スカイラインから白石に入る予定です。

旅館のスタッフが、朝、麓から見上げて山に霧がかかっていたらスカイラインは通行止めになるので注意してくださいと言います。
初雪は11月初旬に有るのでそれ以降は通行止めだそうです。

翌朝磐梯吾妻スカイラインを目指します。
直ぐに電光掲示板が有り、積雪 磐梯吾妻スカイライン通行止めと光っています。

まさか、何かの間違いだと思いますが、もし本当だったら嫌なのでスカイラインは諦めて下道で行きます。
途中山が麓からよく見える場所に来ると、きれいに雪山に成っていて霧がすごいです。

これは行かなくてよかったと思いました。
行ったら朝から悲劇です。

キツネ村は白石インターから30分位で着きます。
駐車場が第3まであって少しびびります。

幸い、当日は少し雨降りのせいか、第1に停めることが出来ました。
中に入ると殆ど人が居ません。

入り口でスタッフから注意事項の説明を受けます。
キツネ抱っこは2時からの予定でした。

一日に何回か有るみたいです。
2時が最後でした。

キツネは大人しい子を抱かせてくれるのですが、ほんとに大人しくて抱かれたままでいます。
頭をなでなでして、尻尾をもふもふします。

体をなでてもじっとおとなしくしています。
抱いてる写真を撮ってくれます。

汚れないように上下ナイロンのコートを貸してくれます。
5分位抱いてもふもふできます。

いや〜なかなかキツネを抱いてもふもふ出来る所はあまりないと思います。
全てのキツネはキツネ村で繁殖したキツネなので病気の心配は有りません。

最初にキツネ村の注意を聞きますが、ちょっとびびります。
携帯を持っていると取られて穴に埋められるとか、囲まれてポケットから物を取られるとか、後ろからずっとついてこられるとか注意事項を言われます。

中に入ると実際はそんな大げさなことは無く、普通に近寄れます。
モンキーパラダイスの方がよっぽど怖いです。キツネはそんなことは有りませんでした。

まあ、確かにキツネのオリの中に人間が入るので、うちらが異端者では有ります。
でもフレンドリーでもないですが敵対視はされません。

二日目は塩原温泉に泊まり、近くで遊んでからゆっくり帰りました。

 

餌は直接与えることは出来なくて、餌やり場で与えます。

餌場に上がるとキツネが直ぐに集まってきます。

 

 

 

子ギツネはゲージの中にいます。

外に放し飼いは大人のキツネです。

 

 

 

 

キツネのすぐ近くに寄れます。

園内200匹いるらしいですが、そこかしこにキツネが居ます。

 

 

メイン通りです。

当日は少し雨でキツネは屋根がある所に多くいます。

 

 

このような感じでもふもふ出来ます。

 

 

 

Others | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

えり

JUGEMテーマ:趣味

 

 

前に居た犬が齢13年で天に召されたので、5年位犬が居ませんでした。
旧年来の家族の強い希望により新しい犬に来て貰いました。

埼玉に有るブリーダーさんから譲って貰いました。
なんか最近は保健所の指導も有り56日以上立たないと譲渡出来ないみたいです。

見れるのは46日以上経っていれば見れるそうなので、見に行き今の子に決めました。
メスです。出来れば生後3カ月までは親兄弟といた方が良いとブリーダーさんが言うので、それ以降に引き取ることにしました。

写真はブリーダーさんの所で生後50日位です。
この子に決めました。

3カ月後に引き取りに行くと結構もう大きくなっていました。
これなら大丈夫そうです。

生後50日位の時は咬んでくると(本人はなついてるつもり)結構痛かったですが、引き取った時には甘噛みに成っていました。
親兄弟と長く暮らしていくうちに覚えたのでしょう。

ブリーダーさんが躾たのでしょうか、全く吠えません。
逆に人が来るとなつきます。甘えたい時はキュンキュン言いますが。

人好きな娘です。
散歩していても人の方に行きたがります。

Others | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

同期会

JUGEMテーマ:趣味

 

 

この連休に大学のクラブの同期生と台風が直撃と言う所に旅行しました。
クラブは軟式庭球部で一年生の時は11人居ましたが卒業時は5人でした。

その最後まで残った5人と毎年一度持ち回りで会っています。
北海道の人と九州の人、大阪、横浜そして私が八王子。

今年は山口、来年は鹿児島、再来年は小樽、そしてその次は草津温泉に既に決まっています (;´Д`)ノ
飛行機の切符を取らなければ成らないので日にちも決めて有ります ゛(⊃Д`)¨・°

何時も二泊三日です。
どうしても集まるのは連休に成るので早めに飛行機とホテルの予約を取らないといけません。

開催地の人が全ての段取りを取ることに成っています。
それ以外の人は何も考えないで行きます。文句は張り切って言います。

今年は福岡空港集合でした。
開催者の熊本の友人がレンタカーで待っていました。

この人は有る時突然意識が無くなると言うので、ここ5年位はかみさんが何時も付いて来ます。
なんか不整脈で心臓が何秒が突然止まるみたい。

とてもこの人に車の運転をさせる訳にはいかないのでかみさんが運転します。
結構運転うまいです。

熊本の人のかみさんはクラブの一年後輩です。
ですので私もよく知っています。美人さんです。

一日目は下関、二日目は萩に泊まる予定です。
一日目は台風は宮崎、二日目は南九州、三日目は北海道に来る予定です。

と言う事は二日目は台風の中観光予定で、帰り北海道の人は飛行機が札幌に着陸できない予定です。
なんか素敵な予感の中旅は進みます。

もうこうなったら成るように成れと言う心境ですね。
それでも楽しまなくてはいけないですから。来たかいが無いですし。

初日は特に暑いくらいで雨も降らなくて、下関観光をして夜はフグ三昧でした。
普通の居酒屋でしたが、料理はおそろしくおいしかったです。

やっぱ本場は美味しいですね。
札幌もカニ料理はすこぶる美味しいですが、下関のフグ美味しいです。

 

二日目は萩に泊まります。
台風は少し下にずれてなんとか直撃は免れました。

でもやっぱり一日中雨で、傘をさしての萩観光です。
見るものは吉田松陰関係の物に成ります。

まあ正直に言えば特に観光資源は有りません。
城跡も石垣しか残っていません。

 

 

三日目は真っすぐ萩から福岡空港に向かいます。
3時間はかかります。

空港に着くと札幌行きも無事飛ぶみたいで良かったです。
福岡空港は改装中でなんか良く分からない感じに成っていました。

今回も無事つつがなく旅が終えられて、これも私の日頃の善行のおかげだと喜んでいます。

 

 

 

 

 

Others | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

蜂の巣

JUGEMテーマ:趣味

 

 

 

夏は日が強いので東向きの窓のカーテンを二重に閉めていた。
レースだけだとかなり陽が入ってくる。

最近雨が続いて窓の内側の廊下が湿って来たので、カーテンを開けた。
なんかサッシの外に素敵な黒い塊が有ったので、近づいて見たら蜂の巣だった。

結構大きくて直径10センチ位有る。
でも、スズメバチではなさそうなので、このままでいいかなと思う。

ネットで調べるとどうやらあしながバチみたい。
スズメバチ科らしいけど、おとなしい種類でケムシやアオムシを食べる益虫らしい。

刺激しなければ刺されないと書いて有る(ほんとか)。
まあ、私は良い子なのでメイビー刺されないでしょう。

物置の横に藤ノ木が有り、藤ノ木が好きなキイロスズメバチが初夏に成ると何時も来る。
今年は藤ノ木に巣を作らなかったけど、何時も何匹か飛んでいる。

全く物置に入るときは、居候の様に蜂と目を合わせないように入る。
目を合わせなければ威嚇して来ることも無い。

ちょっと見ない間に窓ガラスまで蔦が絡まってきた。
塀に蔦が有るのは知っていたが、ここは二階なので窓にまで来るとは思っていなかったけど、取るのもめんどいのでこのままかな。

 


最近何も入ってない、から回ししていた60竸總紊縫汽鵐瓦鯑れてみた。
自分的にはなんか良い感じ。

底面ろ過に外部フィルターで、照明は20W蛍光灯4本.。
まあ、30年前と全く飼育スタイルが変わっていませんね。

5本有る水槽の内4本がこれです。
特には支障は有りません。昔からこれですので。

さすがにミドリイシはこれでは飼えないので、ミドリイシ水槽は今風です。
昔はミドリイシなんて全く飼育出来なかったですが、今昔ですね。システムさえ揃えれば簡単に飼育出来てしまうのですから。

この60竸總紊狼が居なくて給餌が無いので硝酸塩は殆ど出ません。
水替えは2週間に一度半分強しています。

添加剤はリーフエナジーを適当に入れてます。
後、ハナガササンゴに良いとネットに書いてあったので、エクストリームXパートBをこれまた適当に入れてます。

私は人に言われた事は直ぐ信じる方なので、シークワーサーがシミに効くと聞けば即注文するし、黒豆が髪の毛に良いと聞けば取り始めたりします。
まあ信ずる者は救われると言いますし。

自分に対する添加剤が月5万に届きそうになり、さすがにこれはやばいと思い直して今はかなりセーブしています。
全く添加剤の入れ過ぎですね。

知人が添加剤月4万とか言っていて、あまり美男子には成ってないので、お金をかけてもきれいにはならないみたいです。
髪の毛も知人はもろ薄くなってきているし。

もしかしたら信ずる者ははげるのかも知れない。
以前マカが良いと聞き、取り始めたら、一気に髪の毛が薄くなり慌てて止めた事有ります。

後からよく考えたら、男性ホルモンが増えれば、髪の毛は薄くなりますよね。
どちらを取るかです。私は髪の毛を取りました。

話を元に戻して、この水槽は水温が室温と同じくらいなのでクーラーは付けていません。
室内エアコンでコントロール出来てます。

 

 

なんか、キノコと海草とディスクと言うノスタルジックな水槽が恋しくなって作ってみたくなりました。
本当は別の60竸總紊元はそうだったのですが、今はディスクに全て占領されて他に何も入る余地が有りません。

しかたなくこれです。
海草は120竸總紊任なり痛い目にあっているので、今回は入れていません。

 

 


話変わってぺったんこな赤い車は5月に車検で3年目に入りました。
購入後4年で売却予定です。

その車検で車を預けている時に欲しいという人が出てきたので、その人に譲る予定では有ります。
あまりその人も直ぐでも無いみたいなので、来年の秋頃に売ろうかなって思います。

20年も前の車ですが心配していたほどトラブルは有りませんでした。
ガソリンの残量計がガソリンを入れるとたまに0に成るとかは、まあご愛敬です。

 

 

Others | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |