Sea Bros

Diving Bike Aquarium
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

陰日性サンゴ水槽

JUGEMテーマ:趣味

 

 

最近は陰日性サンゴ水槽にはごく普通種のみを入れています。
深海サンゴは以前の崩壊以後入れなくなりました。

理由は簡単で水温の管理が負担になってきたからです。
何しろ少なくとも18度以下で維持しないといけないので、水槽用クーラーの負担が大きいです。

夏場はクーラーが作動しっぱなしです。
室内用クーラーで部屋を冷やしているのですが、5台ある水槽用クーラーの排気熱に負けます。

大体室内用クーラーが2年で壊れます。
もう3台変えました。

なんか塩のばっけがあるせいか、持ちません。
今のは何回か掃除をしてもらってだましだまし使っています。

水槽部屋の電気代が月に2万かかるそうで、肩身が狭いです。
そんなこんなで陰日性水槽の水温は今は24度設定です。

比較的浅場の陰日性サンゴなのでこれで問題は有りません。
伊豆などでは夏場は海水の水面温度は28度くらいで、10m位で25度、20mで22度で、その辺で海水温度の違いで海水の壁みたいなかげろうが出来ていたりします。

30m以上行くともう20度割ってきます。
冬は大体水温14度です。

水温14度で思い出しましたが、以前ダイビングのイントラの試験で、海水温14度の4月の海で海バンいっちょでフィンスイムをしました。
私はその時はもう諦めていて不合格で良いとやりたくなかったのですが、一緒に受けた20代の女性が再試験を水着で受けると言うので仕方なくです。

でもそのおかげで試験に合格できたのでその女性には感謝しています。
一度目はウエットを着てやり落ちました。

 

 

 

 

 

 

 

Aquarium | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

とり娘

JUGEMテーマ:趣味

 

 

とり娘です。
新年早々とり娘とは如何なものかと思いますが、とり娘です。

月に一度昔のクラブの後輩二人とカラオケに行きます。
二人は大学の時のクラブの後輩です。

大学の知り合いでクラブ関係者以外とはまず会いませんが、クラブの人とは今でも会います。
中学高校の友達とも今ではほとんど会いません。

大体8時から始めて1時手前頃まで歌っています。
たまにゲストが来ます。

誰かの知り合いの女性が多いです。
大体が年が離れた人で新鮮です。

そんな時はなるべくゲストが知っているだろうと思われる曲を私達も選んで歌います。
普段は恐ろしく古い歌ばかりですが。

先日もゲストの後輩が来ました。
なんか大きなバックを下げています。

席に着いてバックからプラの水槽を出して横に置きます。
何それって聞くと、鳥だと言います。

(何時も鳥を連れているの?)
(一人暮らしで、自分が居ないときに一人きり(?)だと飼っている鳥が寂しいと思って、何時も職場に連れて行っていて、今その帰り。)

まあ、プラに入っているから良いかと思って、そのままにしました。
皆で順番に歌います。

そのうち、ふと気が付くと、プラの上に鳥が居ます。
なんで、中にいるはずの鳥が、プラの上にいるのだ(;´Д`)ノ

ヨウムなので、勝手に上蓋を外して出て来ていました。
でも、叱られると困るからか、蓋の上でじっとおとなしくしています。

試しに腕を出すと、腕に乗ってきて肩に止まります。
耳掃除をされても困るので、後輩に返します。

後日カラオケ店の店長みたいな人から、ペットの持ち込みは困りますと言われました。
まあ、当たり前ですよね。飲食店ですから。

一度ならず二度までもとり娘がとりを連れてくるものですから、それは文句も言われます。
カラオケルームにとり放していますから。

飲食物を届けに来るスタッフに何度もとりが居るのを見られていますし、アウトです。
最後は店長らしい年長者がわざわざ飲み物を届けに来て言われました。

このままいくとこれは出入り禁止に成るなって予感がします。
素敵。

 

Others | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

オオエダキサンゴ

JUGEMテーマ:趣味

 

 

 

オオエダキサンゴです。

割と流通しているサンゴです。
今はかなり安価なのと誰も買わないので入手はしやすいです。

このサンゴも早期に咲かせる必要が有るサンゴです。
入手して直ぐに開かせないとそのまま終わるサンゴでは有ります。

それでもジュウジキサンゴよりはまだ楽です。
一つでもポリープが開けば全部のポリープが開き始めます。

餌やりは一個一個のポリープにピンセットやりが理想ですが、まあ続かないと思います。
上からパラパラで良いと思います。

ただこの時気を付けないといけない点は、後で餌を捕食していないポリープには必ず餌を与える事です。
餌を食べてないポリープは開いたままなのですぐ分かります。

うまく育てれば豪華絢爛なサンゴです。
ところでここで何の脈絡も無くねこおじさんです。

ねこおじさん先日早くにジムに来たのでお会い出来ました。
背中に弱肉強食とプリントしたTシャツを着ていました。おしゃれ。

コーチとミットをしているのを見て、結構良い音をさせています。
良くなりましたねってコーチに言うと、いや〜強くなりましたと言いました。

ねこおじさんは私の半年後に入ったのでもう7年は来ています。
7年やれば何でも少しはうまくなりますね。

5分おじさんもねこおじさんと同じくらいに入っているので7年に成ります。
皆さん何だかんだと言って続いています。

ねこおじさん、若い女の子の写メを沢山携帯に入れていて見せてくれます。
出会い系でメールのやり取りをした女性らしいです。

これだけ多人数の写メが有るので、有った女性は居るのですかと聞くと、みんなメールだけで終わってしまって会えるまではいかないと言います。
メールを続けるだけでお金がかかるそうで、会う話は中々でなくて、そのうち連絡が無くなるそうです。

可愛い写メを送ってくるので、とても途中でやめる訳にはいかないそうです。
ですよね。可愛い娘とメール続けたいですよね。

って、それって詐欺でしょ。
そう言うと、それは何となく分かっているのですが、やめられないそうです。

もしかしたら、もしかしたら本当に可愛い娘とやり取り出来ているのかも知れないって、とても中途でやめられません。
写メがどうしようもなく素敵です。

Aquarium | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ド・ドンパ

JUGEMテーマ:趣味

 

 

ド・ドンパで事故が有ったと聞き乗ってみたいと思いました。
リニューアルしたみたいです。

そこで、何時も暇な佳人を誘い行きました。
最近は割と一人で何処でも行くのですが、さすがに遊園地に一人は難易度が高いです。

HPを見ると優待券と言うのが載っています。
なんかこれが有ると並ぶ時間が短くなるそうなので、前もって購入していきました。

取り合えず絶叫系を四つ購入して行きます。
日曜の前日午前中に見たせいか残り二枚と言うのが二つ有りました。

富士山、ドドンパ、高飛車、ええじやないかを買いました。
開催日三日前から購入できるみたいです。

富士急ハイランドは八王子から高速で40分位で着いてしまいます。
行きはよいよい帰りは恐いと言う河口湖です。

駐車場は広く、行ったのが秋のせいか割と空いていました。
日曜日ですが園内も空いていました。

始めに富士山です。
行くと待ち時間120分の張り紙が立っています(;´Д`)ノ

ぐるぐる回って人が待っていて長蛇の列です。
これは優待券有るけど30分位は待つかなって思いました。

待つ場所に縄が貼ってあり、狭い所が二つに区切られていて、右が優待券持ちの人の並ぶコースみたいです。
並んでいる人の列の横をとことこ上がって行きます。

なんかどんどん上がっていきます。
隣の普通に待っている人が気になり、罪悪感にさいなまれる階段です。

どんどん上がって行きついに全く待つことなく入場ゲート前に来てしまいました。
係員に携帯に有る優待券を見せるとそのまま富士山に乗れました。

これはやばいです。
他のすべてのアトラクションがこうでした。

優待券が無いと120分待ち、有ると0分待ちです。
まあ、かなり罪の意識にさいなまれますが。

帰りは例によって河口湖から大月までは順調に進みます。
が、大月で八王子まで4時間の電光掲示板が光っています。

分かっていてもげんなりします。
大月から下道で行きます。3時間少しかかりました。

 

 

Others | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

蔵王キツネ村

JUGEMテーマ:趣味

 

 

キツネを抱いてもふもふ出来ると言うので、蔵王キツネ村に行ってきました。
根性がある人は東京から日帰りや一泊でも行けると思いますが、私は根性が無いので二泊で行きました。

一日目は猪苗代湖中ノ沢温泉、二日目は塩原温泉にしました。
二日目にキツネ村で遊ぶ予定です。

八王子から往復870キロでした。
一日目は猪苗代湖付近でソバを頂き、五色沼に行きました。

夕方中ノ沢温泉に入ります。
翌日は磐梯吾妻スカイラインから白石に入る予定です。

旅館のスタッフが、朝、麓から見上げて山に霧がかかっていたらスカイラインは通行止めになるので注意してくださいと言います。
初雪は11月初旬に有るのでそれ以降は通行止めだそうです。

翌朝磐梯吾妻スカイラインを目指します。
直ぐに電光掲示板が有り、積雪 磐梯吾妻スカイライン通行止めと光っています。

まさか、何かの間違いだと思いますが、もし本当だったら嫌なのでスカイラインは諦めて下道で行きます。
途中山が麓からよく見える場所に来ると、きれいに雪山に成っていて霧がすごいです。

これは行かなくてよかったと思いました。
行ったら朝から悲劇です。

キツネ村は白石インターから30分位で着きます。
駐車場が第3まであって少しびびります。

幸い、当日は少し雨降りのせいか、第1に停めることが出来ました。
中に入ると殆ど人が居ません。

入り口でスタッフから注意事項の説明を受けます。
キツネ抱っこは2時からの予定でした。

一日に何回か有るみたいです。
2時が最後でした。

キツネは大人しい子を抱かせてくれるのですが、ほんとに大人しくて抱かれたままでいます。
頭をなでなでして、尻尾をもふもふします。

体をなでてもじっとおとなしくしています。
抱いてる写真を撮ってくれます。

汚れないように上下ナイロンのコートを貸してくれます。
5分位抱いてもふもふできます。

いや〜なかなかキツネを抱いてもふもふ出来る所はあまりないと思います。
全てのキツネはキツネ村で繁殖したキツネなので病気の心配は有りません。

最初にキツネ村の注意を聞きますが、ちょっとびびります。
携帯を持っていると取られて穴に埋められるとか、囲まれてポケットから物を取られるとか、後ろからずっとついてこられるとか注意事項を言われます。

中に入ると実際はそんな大げさなことは無く、普通に近寄れます。
モンキーパラダイスの方がよっぽど怖いです。キツネはそんなことは有りませんでした。

まあ、確かにキツネのオリの中に人間が入るので、うちらが異端者では有ります。
でもフレンドリーでもないですが敵対視はされません。

二日目は塩原温泉に泊まり、近くで遊んでからゆっくり帰りました。

 

餌は直接与えることは出来なくて、餌やり場で与えます。

餌場に上がるとキツネが直ぐに集まってきます。

 

 

 

子ギツネはゲージの中にいます。

外に放し飼いは大人のキツネです。

 

 

 

 

キツネのすぐ近くに寄れます。

園内200匹いるらしいですが、そこかしこにキツネが居ます。

 

 

メイン通りです。

当日は少し雨でキツネは屋根がある所に多くいます。

 

 

このような感じでもふもふ出来ます。

 

 

 

Others | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |